UPSTORY

LayerXに元メルカリHRの石黒卓弥氏が参画

2020.5.7 STARTUP


 
 
ブロックチェーン領域における開発、コンサルティングなどを行うLayerX石黒卓弥(たかや)氏が加わった。石黒氏は前職メルカリにおいてHR部門(People Partners マネージャー)を担当。同社の躍進のキーマンとして界隈では名の知れた人物である。
 
 
LayerX、石黒卓弥を人事・広報担当執行役員に選任(PR TIMES)
 
 
「すべての経済活動を、デジタル化する。」をミッションに、ブロックチェーン技術を軸として、金融領域を始めたとした様々な産業のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推し進めるLayerX。LayerXは2019年夏にGunosyよりMBOを実施
 
Gunosy創業者であり、LayerX創業者でもある福島良典氏が代表を務め、役員陣にはGunosyで新規事業開発室部長を務めていた榎本悠介氏、元Aiming取締役CFOの渡瀬浩行氏、非常勤取締役には元ユナイテッド取締役の手嶋浩己氏とすでにかなり豪華な布陣だが、そこにメルカリの急拡大を組織、人事面で支えた石黒氏が加わった。
 
石黒氏がメルカリに参画した2015年当時は社員数60名程度。そこから3年で1,000名を超える社員数となったが、その過程において様々な施策を展開。多くのスタートアップがメルカリの施策を参考するようになった(特に有名なのがオウンドメディア『mercan』やOKRによる人事評価制度だろうか)。
 
創刊から2年半で1000本の記事を発信。メルカリの採用と情報流通を促進させるメディア活用法(FASTGROW)
創業5年で1,000人規模へ、メルカリ組織をリードした2人が明かすターニングポイント『THE BUSINESS DAY 02』レポ(mercan)
 
LayerXがどのような人数規模の会社になっていくのかはわからないが、石黒氏のHR領域における知見は大いに力になるだろう。