UPSTORY

VTuber事務所『ホロライブプロダクション』を運営するCOVERが総額7億円の資金調達

2020.5.8 STARTUP

COVER
 
 
VTuber事務所『ホロライブプロダクション』を運営するCOVERが約7億円の資金調達を行ったと発表があった。

HAKUHODO DY FUTURE DESIGN FUND投資事業有限責任組合、i-nest 1号投資事業有限責任組合、千葉道場2号投資事業有限責任組合、DIMENSION投資事業有限責任組合、SMBCベンチャーキャピタル5号投資事業有限責任組合、その他個人投資家及び既存投資家を対象に第三者割当増資を実施、みずほ銀行からの融資と合計で、総額約7億円の資金調達を実施いたしました。

VTuber事務所「ホロライブプロダクション」を運営するカバー、総額約7億円の資金調達を実施(PR TIMES)
 
i-nestはモバイル・インターネットキャピタルの代表だった山中卓氏が2019年に設立したファンド。DIMENSIONはドリームインキュベータ子会社のVC。今回博報堂DYグループが参加したことにより、ホロライブの事業展開も大きく前進するのではないかと予感させる資金調達となった。
 
COVER代表の谷郷元昭氏はイマジニア、アイスタイル、インタースパイアなどを経て2008年にサンゼロミニッツを創業。2014年にイードへ売却し、2016年にVR/AR領域を手がけるCOVERを設立。今や『ホロライブ』ファンから「YAGOO」の相性で親しまれている。


 
VR関連のサービスをいくつか作っていた創業期のCOVERだが、転機となったのが2017年9月にリリースされた「ホロライブ」。その後は急成長を遂げて、今年1月には豊洲PITで「ホロライブ」初の全体ライブが開催。多くの観客が来場し、盛り上がった。ライブでのハッシュタグ「#とまらないホロライブ」は世界1位になったそうで、盛り上がりの凄さがわかる。ライブのレポートはMoguLiveの記事が詳しい。
 
なぜ「#とまらないホロライブ」は世界トレンド1位になったのか?「ノンストップ・ストーリー」ライブレポ(MoguLive)